日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 12月14日 大星黒衣之助くんが国立劇場に颯爽と登場!

国立劇場

トピックス

12月14日赤穂浪士討入りの日に大星黒衣之助くんが登場!


 12月14日は赤穂浪士の討入りの日です。
 それに因み、くろごちゃんにそっくりな大星黒衣之助(おおぼしくろごのすけ)くんが、国立劇場に駆けつけてくれました。
 


黒衣之助くんロビーに参上!!


    討入り装束に陣太鼓を持った黒衣之助くんは大人気でした。
 
(⌒v⌒)〈くろごちゃん
ねぇねぇ、付き人さん!12月14日は何の日か知ってる??

付 き 人       :えーっと…ライト兄弟が動力航空機による初飛行に成功した日だよね。

Σ(⌒v⌒;)   :え??間違ってないけど、付き人としては問題だよ。
                  もー!赤穂浪士が討入りをした日だよ!!

付 き 人       :へー、そうなんだ。その赤穂浪士って何のこと?

Σ(⌒v⌒;)    :それ本気で言ってるの?!伝統芸能としては常識だよ…?
          仕方ないなぁ。僕が説明しようっ!!



元禄14年(1701)3月14日、江戸城本丸大廊下(松の廊下)で、赤穂藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りつけ、即日切腹を命じられました。このため、浅野家は断絶、家臣たちは赤穂を退去し、浪人となってしまいました。
即日切腹を命じられた主君の恨みを晴らすため、大石内蔵助(おおいしくらのすけ)を始めとするかつての家臣たち・赤穂浪士は、吉良上野介を討つことを計画し、翌年12月14日夜、吉良邸へ討入りを果たしたのでした。




 付 き 人       なるほどー!それで、くろごちゃんはあんな格好をしてたんだね


Σ(⌒v⌒;)    ?何のこと??

付 き 人       :討入り装束を着て陣太鼓を打ち鳴らしていたでしょ。
                  『いっしょに討入りする?』なんて勧誘までして驚いたよ~。



  劇場で討入り仲間を募る黒衣之助くん


(⌒v⌒)   :あ、あれは、大星黒衣之助くんだよ!ぼくによく似ていたけど、ぼくじゃないよ!
                今日のために、わざわざ駆けつけてきてくれたんだよ。

付 き 人   :そうだったんだ。くろごちゃんにあまりにもそっくりで、てっきりコスプレしたんだと思ったよ。
                ところで、大星黒衣之助くんは、なんで『東海道四谷怪談』を上演中の国立劇場に来たのかな?

(⌒v⌒)    :(…。その発言、付き人として怒られるよ。)
                 まず、『東海道四谷怪談』の物語の背景には、『仮名手本忠臣蔵』という赤穂浪士の討入り事件を
         基に描かれた作品があるんだ。

付 き 人   :ふむふむ。『四谷怪談』と『忠臣蔵』には関係があるんだね。


(⌒v⌒)    :『忠臣蔵』には、大石内蔵助をモデルにした大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)という人物が
        登場して、史実では浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)に当たる主君・塩冶判官(えんや
        はんがん)の無念を晴らすため、吉良上野介がモデルである高師直(こうのもろのう)を討つんだ。
        これが有名な“討入り”
だよ。黒衣之助くんは大星由良之助を助太刀するために、討入り仲間を
        募っていたんだ。


付 き 人   :なるほど!
        そう言えば、今回の『四谷怪談』では、台本や演出を工夫したって聞いたけど…


(⌒v⌒)    :(もー!付き人さん、しっかりしてよ!)
         
『忠臣蔵』の世界をより浮き彫りにするため、発端として刃傷事件のことを伝える場面を創作したり、
            「小汐田又之丞隠れ家」という珍しい場面を取り上げたり、大詰では討入りを上演しているんだよ。
                 

付 き 人   :『四谷怪談』の背景に『忠臣蔵』があることが、わかりやすくなっているんだね。
        初めて観る人にとっても楽しめる内容みたいで面白そう!

(⌒v⌒)    :そう!だから、みなさんにぜひ観てほしいんだ~!平日は、席に若干余裕があるみたいだよ!!


(⌒v⌒)  付 き 人 :この機会をどうぞお見逃しなく!

 

四谷怪談』は26日(土)まで上演しているので、ぜひ観に来てくださいね。
また、ロビーでは、『忠臣蔵』に因んで赤穂の名産や、赤穂浪士にまつわるお菓子なども販売しています。
こちらも、ご観劇の時は要チェックです!

 


名産の赤穂の塩!

赤穂銘菓・しほみ饅頭

赤穂浪士が描かれた義士羊かん

大人気!!切腹最中


  チケットの購入は 国立劇場チケットセンター 

            電話(10時~6時) 0570(07)9900 
                           03(3230)3000(一部IP電話等)
            インターネット(一般券のみ)
                      
http://ticket.ntj.jac.go.jp/  (パソコン)
                      
http://ticket.ntj.jac.go.jp/m (スマートフォン)


国立劇場12月歌舞伎公演『通し狂言 東海道四谷怪談』は26日(土)まで好評上演中です。
ぜひお見逃しなく!

公演の詳細はこちら

国立劇場歌舞伎情報サイトオープン

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A