日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  >  【11月歌舞伎公演】中村吉右衛門ら出演者が記者会見を行いました!

国立劇場

トピックス

中村吉右衛門・中村東蔵・中村歌六・中村芝雀・中村又五郎・中村錦之助
11月歌舞伎公演『通し狂言 神霊矢口渡』の記者会見を行いました

 11月歌舞伎公演『通し狂言 神霊矢口渡』の記者会見を行いました。
 『神霊矢口渡』は、南北朝時代の動乱を描いた軍記物『太平記』を主な題材としています。全五段の浄瑠璃作品で、武蔵国矢口の渡しで非業の最期を遂げた新田義興(にったよしおき)をめぐる人々が登場します。作者は福内鬼外(ふくうちきがい)で、これは江戸時代の発明家・平賀源内の浄瑠璃作者としてのペンネームです。
 今回は、「由良兵庫之助新邸(ゆらひょうごのすけしんやしき)」を100年ぶりに復活します。ちょうど100年前の大正4年(1915)に初代中村吉右衛門が勤めた新田の旧臣・由良兵庫之助に、当代の吉右衛門が挑み、『神霊矢口渡』に新しい命を吹き込みます。
 会見では、出演の中村吉右衛門、中村東蔵、中村歌六、中村芝雀、中村又五郎、中村錦之助が、公演に向けての意気込みを語りました。


(左より)中村錦之助、中村芝雀、中村東蔵、中村吉右衛門、中村歌六、中村又五郎


       

中村吉右衛門 (由良兵庫之助信忠)
今こそ受ける、福内鬼外の作品

 『神霊矢口渡』を書いた福内鬼外、つまり平賀源内という人物に、私は学生の頃からとても興味がありました。源内は、誰も真似できないような特殊なことに着目し、それを研究して自分なりに再構築しました。エレキテルなんかそうですよね。伝統芸能である歌舞伎も、教わったことだけでなく、自らの新機軸を打ち出すことも必要です。私たち役者は「人とは違う仕事が出来たら」と常々思っています。だから私も、源内のような人物に憧れるのかもしれません。
 今回は、100年も上演が途絶えていた場面を復活します。意表を突くことが次から次へと起き、そういった意味で現代的で、お客様に喜ばれるのではないかと思っています。
 特に私が勤める由良兵庫之助は、いわゆる“もどり”(悪人であった人物が実は善人で、後にその本心を明かす)に似た役ですが、普通の“もどり”とは違って、もともと良い人が、忠義の為に悪人のように振舞っていたという役です。物語も、「善人になって良かったわ」というようなセンチメンタルなものではなくて、とてもドライな展開です。芝居で表現するのは難しいですが、物語全体をうまくつなぐことができれば、現代のお客様に通じるお芝居になると期待しています。



 

中村東蔵 (兵庫之助妻 湊)
湊は見たこともない役ですが…

 湊(みなと)のように見たこともない役を勤める時は、具体的なイメージを描いてみます。この役は、「熊谷陣屋」の相模に似ているなとか、主人の御台所を守って苦難に遭遇するところは「笹引」(『ひらかな盛衰記』)のお筆かな、とか考えながら演じていきます。
 殊に今回は100年ぶりの上演ということで、いろいろと皆様のご協力を得て、勤めていきたいです。「どうしてこんなに良いお芝居が、今まで上演されなかったのか」と皆様に思われるような良いものができたら、参加した喜びとなりますので、そのような舞台作りをしていきたいと思っています。



 

中村歌六 (江田判官景連、渡し守 頓兵衛)
思いっきり悪い頓兵衛を

 今回は、江田判官景連(えだのはんがんかげつら)という100年ぶりのお役と頓兵衛(とんべえ)を勤めさせていただきます。
 江田判官は、「盛綱陣屋」の和田兵衛のような役です。幕引きに出てきて全てをのみこんで、「さらば」と去っていきます。
 「頓兵衛住家」では、今まで新田義岑(よしみね)や下男六蔵を勤めたことはありますが、頓兵衛を初役で勤めさせていただきます。頓兵衛は、どちらかと言えば極悪非道の敵役、救いのない悪い人です。今までやってきた悪人は、どこか救いがあったんですけどね。この役は思いっきり悪いので、一生懸命悪くなろうと思います。


 

中村芝雀 (新田の御台所 筑波御前、頓兵衛娘 お舟)
どちらも初役ですので…

 筑波御前(つくばごぜん)と頓兵衛娘お舟(ふね)、二つとも初役でございますので、一生懸命勤めさせていただきます。
 筑波御前は、「熊谷陣屋」の藤の方のようなお役です。東蔵さんの湊とずっと一緒にいるお役ですので、全体的なことを播磨屋(中村吉右衛門)さんから、役のことを女方の先輩の東蔵さんから学び、工夫して勤めていきたいです。
 お舟は、父(四代目中村雀右衛門)も勤めたことがない役です。今回は、紀伊国屋のお兄さん(澤村田之助)にお伺いできればと考えています。お舟は、父親は悪い人ですが、一途に恋しい人のために行動するという役です。筑波御前と併せて、大切な人を想う女性を表現したいと思っています。


 

中村又五郎 (南瀬六郎宗澄)
最後まで分からないように…

 南瀬六郎宗澄(みなせのろくろうむねずみ)という役を勤めさせていただきます。六郎は、新田義興の息子・徳寿丸(とくじゅまる)を助け出して守りながら、敵対する兵庫之助のところへ行きます。そして、後になって六郎と兵庫之助はお互いに通じ合っていて、徳寿丸を助けるために二人とも行動していたということが明らかになります。それまでは、兵庫之助と対立する様子を見せるなど、お客様に真実が分からないように演じていきたいです。


 

中村錦之助 (竹沢監物秀時、新田義興の霊)
どちらも初役ですので…

 竹沢監物秀時(たけざわけんもつひでとき)は今まで勤めたことがないお役です。形(な)りは「すし屋」の梶原景時なんですが、性根は「寺子屋」の春藤玄蕃なんです。そういう役を私たちは“べりべり勤める”というんです。私はそういう役を勤めたことはないですが、どこまで“べりべり”という台詞回しや演技ができるか挑戦したいです。 
 新田義興の霊は、話の最後に登場します。現在の演出では、矢口の渡しで頓兵衛を射抜く矢を誰が放っているのか、分かりません。今回は、私が義興の霊となって矢を放ち、幕を締めくくります。生身の人間ではない神霊に見えるようにしていきたいです。
 監物と義興の霊、両極端な役を自分なりに研究したいと思っています。


 「由良兵庫之助新邸」だけでなく、「東海道焼餅坂(とうかいどうやきもちざか)」は109年ぶり、「生麦村道念庵室(なまむぎむらどうねんあんじつ)」は119年ぶりの復活上演となります。物語の展開が分かりやすくなり、通し狂言ならではの面白さもお楽しみいただけることでしょう。
 錦秋を彩る義太夫狂言の名舞台にご期待ください!
 


11月歌舞伎公演は11月3日(火・祝)から26日(木)まで
公演情報の詳細はこちら
国立劇場歌舞伎情報サイトオープン!

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A