日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  >  【10月歌舞伎公演】中村梅玉、中村魁春、中村鴈治郎が記者会見を行いました!

国立劇場

トピックス

中村梅玉・中村魁春・中村鴈治郎
10月歌舞伎公演『通し狂言 伊勢音頭恋寝刃』の記者会見を行いました

 10月歌舞伎公演『通し狂言 伊勢音頭恋寝刃』の成功祈願と記者会見を行いました。
 東京・飯田橋の東京大神宮の拝殿で行われた成功祈願の様子はコチラから。
 記者会見では、出演する中村梅玉、中村魁春、中村鴈治郎が、公演に向けての意気込みを語りました。 


(左より)中村鴈治郎、中村魁春、中村梅玉


       

中村梅玉 (福岡貢)
思い入れのある貢

 『伊勢音頭恋寝刃』はとてもポピュラーな作品ですので、今まで国立劇場の歌舞伎公演での上演がなかったと聞いてびっくりしました。初の上演の機会に、私が福岡貢(ふくおかみつぎ)を勤めさせていただくとは大変有難いことで、研究を重ね、公演を成功に導きたいと思っています。
 貢は、私にとって大変思い入れのある役です。平成4年に梅玉を襲名いたしました際に、勤めさせていただいたお芝居です。貢は伊勢神宮の御師ということです。御師とは耳慣れない言葉ですが、帯刀を許されていて、ただの町人ではなく、割と身分のある人だったと聞いています。そんな貢が、事件に巻き込まれていくという形で、役作りをしていきたいです。
 53年ぶりに復活する「太々講」という場面にも、貢は登場いたします。この場の貢は、もちろん今まで演じたことはありません。物語に一貫して登場する貢の性根を大事にして勤めたいと思っています。



 

中村魁春 (仲居万野)
本当は貢に惚れているのでは……

 今回、仲居の万野(まんの)を勤めさせていただきます。私はお姫様のような役柄が多かったので、万野をやるとは夢にも思っていませんでした。いかに意地悪くやるかを研究中です。
 役作りをする上では、「万野は貢とお紺に嫉妬しているのではないか」と思うんですよね。よくいろいろな先輩方から「万野は貢に惚れている」と伺います。それを極端に見せることはありませんが、そういう気持ちで勤めさせていただこうと考えております。父(6代目中村歌右衛門)の万野もおっかなくて、いつも後ろにいる私(お岸)を睨んでいました。
 父は晩年、ほとんど万野を勤めていました。また私は、(7代目中村)芝翫兄さんの万野ともご一緒させていただいたことがあります。二人の万野の良いところを取りながら、自分なりの万野を演じたいと思っています。



 

中村鴈治郎 (正直正太夫、料理人喜助)
祖父が勤めた正太夫に思いを馳せて

 いずれはと考えていた「太々講」の正直正太夫(しょうじきしょうだゆう)を勤めさせていただくことになりました。祖父の2代目鴈治郎が演じたものが良かったという話ばかり、耳に入ってきます。祖父がどんなことをやったのか、資料が残っていませんので、皆さんにどういう風にお見せしようかと考えております。
 「太々講」は、喜劇的な要素が盛り込まれた場面です。過去の上演年表を見ると、祖父は「太々講」を、通しではなく単独で上演しています。祖父が気に入ってやっていたのか、余程面白かったのか…余計プレッシャーを感じてしまいます。良い一幕としてうまくまとめて、能の“間狂言(あいきょうげん)”のような気持ちでやらせていただければなと思っています。
 喜助は、小股の切れ上がった良い男といった感じです。私がやらせていただけるとは思っていませんでしたので、嬉しいです。両方合わせて、良い芝居をさせていただきたいと思っています。

 
 国立劇場の歌舞伎公演では初の上演となる『伊勢音頭恋寝刃』。今回は、53年ぶりに「太々講」を上演し、通し狂言でご覧いただきます。物語の鍵となる名刀“青江下坂”とその折紙(鑑定書)の行方が分かりやすくなっています。ユーモラスな場面からシリアスな場面まで、目が離せません。
 また、“青江下坂”のモデルとなったと言われる“葵紋康継(葵下坂)”を、公演期間中、大劇場ロビーにて展示します。併せてお見逃しなく!
 
 


10月歌舞伎公演『通し狂言 伊勢音頭恋寝刃』は10月3日(土)から27日(火)まで

公演情報の詳細はこちら

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A