日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【5月文楽公演】千穐楽と竹本住大夫公演最終日のご挨拶について

国立劇場

トピックス

【5月文楽公演】千穐楽と竹本住大夫公演最終日のご挨拶について

七世竹本住大夫引退公演の5月文楽公演は、満員御礼、盛況のうちに千穐楽を迎えることができました。
ご来場、誠にありがとうございました。

公演最終日には、この日が最後の舞台となる竹本住大夫が、第一部「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」の終了後に舞台上で挨拶を行い、日本芸術文化振興会理事長茂木七左衞門、吉田簑助から花束の贈呈が行われました。



竹本住大夫より、「68年間、勤められたのはファンの皆様をはじめ、大勢の方々と縁があったおかげです。」と舞台上から挨拶がありました。




日本芸術文化振興会理事長茂木七左衞門による花束の贈呈



長年苦楽をともにした吉田簑助からねぎらいの言葉をかけられる竹本住大夫
この後、二人より「今後も文楽を末永くよろしくお願いします。」との挨拶がありました。






国立劇場の楽屋口で、大勢の関係者、ファンなどに見送られる中、マスコミ各社の取材に答える竹本住大夫


 

 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 平成29年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A