日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 中村吉右衛門ら出演者が国立劇場12月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』の記者会見を行いました。

国立劇場

トピックス

中村吉右衛門・中村東蔵・中村歌六・中村芝雀・中村又五郎・中村錦之助・尾上菊之助
12月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』の記者会見を行いました。

 9月26日(金)、12月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)』の記者会見を行いました。
 国立劇場での『伊賀越道中双六』の上演は4回目。今回は、剣豪・荒木又右衛門をモデルにした主人公・唐木政右衛門の物語に焦点を絞り、44年ぶりの上演となる「岡崎」(山田幸兵衛住家)を含めた通し狂言でお送りします。
 政右衛門を勤める中村吉右衛門を始め、中村東蔵(幸兵衛女房おつや)
、中村歌六(山田幸兵衛)、中村芝雀(政右衛門女房お谷)、中村又五郎(誉田大内記・奴助平)、中村錦之助(沢井股五郎)、尾上菊之助(和田志津馬)ら出演者が、それぞれ公演の抱負を語りました。


尾上菊之助、中村又五郎、中村歌六、中村吉右衛門、中村東蔵、中村芝雀、中村錦之助 (左より)

 


      

中村吉右衛門(唐木政右衛門)
仇討ちの苦悩と達成感


 今回、「岡崎」という非常に珍しい場面を取り上げることになりました。過去の資料も少ない中、手探りで作っていかなければなりませんが、共演者の皆さんの力をお借りして、素晴らしい舞台にしたいと思っております。
 芝居のテーマである仇討ちは、武家社会では義務でした。そのため、仇討ちを課せられた当事者は、今では考えられないような苦悩を味わいます。政右衛門は妻と離縁し、実の子供を殺してまで仇討ちを成就させます。そうせざるを得なかった武士の世界の厳しさと、それを背負った人間の悲しみを、少しでもお客様に感じていただけるよう勤めます。また、深い悲しみを乗り越え、最後に仇討ちを果たしたことで得られる達成感や開放感のようなものを、お客様とともに味わうことができればと考えております。




   中村東蔵(幸兵衛女房おつや)
再び上演されるように


 44年ぶりの「岡崎」に出演させていただき、大変有難いです。折角の機会ですので、私の元気なうちに、また上演して欲しいという声があがるよう、精一杯勤めます。



   中村歌六(山田幸兵衛)
ずっと観たかった「岡崎」


 私の父(4代目中村歌六)から<莨切(たばこきり)>は名場面だと聞いていたので、以前より観たいと思っていましたが、まさか演じることになるとは……。しかも幸兵衛は、吉右衛門兄さんが勤められる政右衛門の剣術の師匠ですので、立派な侍に見えるよう演じたいと思います。



   中村芝雀(政右衛門女房お谷)
女方の典型のような役


 お谷は耐えることの多い役で、女方の典型だと思います。わが子を殺されて深く悲しみながら、実父の仇討ちを果たそうとする夫・政右衛門の気持ちを察し、支えようとします。そのような心情を胸に秘めている様子が、お客様に伝われば幸いです。



   中村又五郎(誉田大内記・奴助平)
対極にある二役


 誉田大内記は政右衛門の主君ですが、仇討ちを果たしたいという政右衛門の心中を見抜く器の大きな男です。一方、助平は沢井股五郎の家来ですが、粗忽な性格で、おかしみのある演技が求められます。対極にある二役をしっかり演じ分け、お客様に楽しんでいただこうと思っております。



   中村錦之助(沢井股五郎)
より憎々しい股五郎をお見せしたい


 股五郎を演じるのは今回が2度目で、前回(平成16年10月)から10年が経ちました。その間に積んだ経験を生かし、より憎々しい股五郎をお見せしたいと考えております。



   尾上菊之助(和田志津馬)
心待ちにしていた岳父(吉右衛門)との共演


 念願叶い、岳父(吉右衛門)と共演させていただくことになりました。岳父だけでなく、素晴らしい先輩方と一緒に、本格的な時代物の世界に浸ることができる絶好の機会ですので、できる限り多くのことを吸収したいです。志津馬は単なる二枚目ではなく、仇討ちという重い使命を背負っています。その性根を表現することができればと思っております


44年ぶりの「岡崎」、待望の上演! 
 全篇を通じて苦衷を秘めた人物として描かれている政右衛門は難役で、その表現が特に集約されている「岡崎」は、戦後になると、上演の機会にあまり恵まれませんでした。今回、中村吉右衛門が、初代吉右衛門の持ち役であった政右衛門に満を持して挑み、また、充実のキャストも揃ったことで、待望の上演が実現します。本年の掉尾を飾る感動の舞台をお見逃しなく!


 

公演の詳細はこちら

国立劇場12月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』は12月3日(水)から26日(金)まで
  • 平成28年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 伝統芸能に興味津々 養成事業
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A