日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 平成30年度劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業)内定通知における採択期間の修正について

芸術文化振興基金

平成30年度劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業)内定通知における採択期間の修正について


 平成30年度劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業)の審査結果(平成30年3月30日付発表)について、事業期間を3年間で要望されていたものを、5年間で内定を行っていたことが判明しました。本件では、事務手続き上のミスで、下記の劇場・音楽堂等が応募した継続3年間の事業を、新規5年間の事業と誤って分類し、審査・内定を行っていました。当該劇場・音楽堂等については、当初応募された「3年間」の採択期間として内定を改め、公表資料を修正致します。今回、関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。今後こうした事態が二度と起こらないよう再発防止に努めます。

内定通知における採択期間の修正について(PDF71KB)

文化芸術振興費補助金による助成対象活動 決定 (PDF 1.29MB)