日本芸術文化振興会トップページ  > 国立演芸場  > 演芸資料展「寄席の四季-冬から初春-」のご紹介

国立演芸場

トピックス

演芸場 演芸資料展示室

タイトル 演芸資料展「寄席の四季-冬から初春-」
内容 「寄席の四季」シリーズ最後となる今回は、冬から初春の季節を取りあげます。
雪降る年の瀬に願いを果たした「忠臣蔵」の風景に始まり落語や講談の舞台にも登場する梅花ほころぶ春の景色まで、それぞれの季節を描いた錦絵と新春に福を呼び込む色物芸の道具類を展示し、演芸の魅力を紹介いたします。
期間 平成27年12月1日(火)~平成28年3月21日(月・祝)
時間 午前10時~午後5時
場所 演芸場1階 資料展示室 ※入場無料
休室日 12月21,22,25,27~31日
1月1,8~10,21~31日
2月22,25,26,29日
※公演の都合により休室日が変更になる場合があります。予めご了承ください。
  • 演芸資料展「寄席の四季-冬から初春-」チラシ表
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金