日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 近鉄難波駅に『仮名手本忠臣蔵』巨大広告が登場!

国立文楽劇場

トピックス

近鉄難波駅に『仮名手本忠臣蔵』巨大広告が登場!


近鉄大阪難波駅に大阪・6月文楽鑑賞教室で上演される『仮名手本忠臣蔵』の巨大広告が掲出されています。
[6
月中旬まで]


掲出場所は、これまでと同じく近鉄大阪難波駅の東改札口そば。なんばウォークからエスカレーターや階段で同改札口へと下っていくと右手奥の方向に見えてきます!

『仮名手本忠臣蔵』より、大星由良助が大きく写し出されています。主君塩谷判官の仇討を胸に誓うシーンです。

文楽鑑賞教室は6月9日(金)~22日(木)まで。

『仮名手本忠臣蔵』のほかに『二人禿』の上演や、太夫・三味線弾き・人形遣いの各役割についてのわかりやすい解説もあり、初めて文楽をご覧になる方にもピッタリの公演です。

期間中、開演時間が遅めの「社会人のための文楽入門」や外国の方向けに英語での解説もある「Discover BUNRAKU」もあります。
公演詳細はこちらより。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内