日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【初春文楽公演】正面入口柱巻き飾りのご紹介

国立文楽劇場

トピックス

【初春文楽公演】正面柱巻き飾りのご紹介


客席、ロビーなどもお正月らしさ溢れる装いでお客様をお迎えしている初春文楽公演で、撮影スポットとしても定着している劇場正面の柱巻き飾りを紹介します。

2901Hashiramaki-1
2901Hashiramaki-2 2901Hashiramaki-3

今回は左右の柱とも、天下太平・五穀豊穣を祈る第1部の『寿式三番叟』の写真を用いたデザインです。

向かって右の柱には翁と千歳が、左の柱には2体の三番叟が配されています。厳かな翁、颯爽とした千歳、躍動的な三番叟と、それぞれの舞台での姿が思い浮かぶデザインになっています。

2901Hashiramaki-4
多くのお客様に撮影していただいています!

ご観劇の記念にぜひスマートフォン、カメラにお収めください!

初春文楽公演は1月26日(木)まで!(16日(月)は休演です)

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内