日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【錦秋文楽公演】金刀比羅宮・志度寺で成功祈願を行いました!

国立文楽劇場

トピックス

【錦秋文楽公演】金刀比羅宮・志度寺で成功祈願を行いました!

10月29日(土)に開幕する錦秋文楽公演には、第1部・第2部ともに「芸術の秋」を彩るにふさわしい名作が揃っています。

中でも第1部で上演する『花上野誉碑』は、讃岐国(現在の香川県)丸亀藩で実際に起きたとされる事件を題材とした時代物の名作です。起伏に富んだストーリー展開や、敵役の森口源太左衛門、源太左衛門を父親の仇と狙う民谷坊太郎、坊太郎を支える乳母のお辻など主要な登場人物の表現に、太夫と三味線弾きともに力を要することから、「命を削る浄瑠璃」とも言われていす。

この度、お辻が敵討成就を祈るのが金毘羅権現であり、作品の舞台が志度(渡)寺であることから、出演する豊竹英太夫、鶴澤清介、吉田和生ほかが香川県の金刀比羅宮と志度寺を訪れ、公演の成功を祈願しました。

KotohiraShrine(1) KotohiraShrine(2)
金刀比羅宮境内 三穂津姫社にて
Shidoji(1) Shidoji(2)
志度寺本堂 書院にて、十河副住職と



 

 

 



作品にゆかりの深い両所を訪れた3人からお客様へのメッセージ(動画)については、近日、公開予定です。お楽しみに!

国立文楽劇場では19年ぶりの上演となる『花上野誉碑』のほか、さまざまなドラマをお楽しみいただく錦秋文楽公演にどうぞご期待ください!!!

チケット好評発売中です!!(チケットのご購入はこちら!)

 

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内