日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 第111回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

国立文楽劇場

トピックス

第111回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

年の瀬もおしつまった12月21日(水)、国立文楽劇場1階文楽茶寮を会場にして、国立文楽劇場友の会会員限定イベント、第111回「文楽のつどい」を催しました。

今回は文楽技芸員と友の会会員との交流を深める趣旨で、午後のひととき、茶話会の形式でケーキセットを味わいながらの開催となりました。

竹本文字久太夫、竹澤宗助、文楽技芸員お二人をゲストに、落語作家のくまざわあかね氏を聞き手に、演者の素顔に迫る催しとなりました。

初春文楽公演「奥州安達原」「本朝廿四孝」に対する取り組みと抱負、12月東京公演「仮名手本忠臣蔵」にかけた思いなどのお話、さらに2月東京公演「曽根崎心中」の「生玉社前の段」に出演されるお二人からは、竹本住太夫師匠の厳しい稽古のようすについてのお話もありました。

年末、年始の師匠方への挨拶廻りのしきたりや、それぞれのプライベートな趣味の話題など、幅広く、興味深いお話が続き、会員のお席近くでのふれあいのひとときもあって、時間がたつのを忘れる90分でした。

終わりにサイン入りの色紙やカレンダーが当たる抽選会もあって、盛り上がりました。演者との交流がより深まった「つどい」終了後は、お客様をロビーでお見送りをしました。

文楽のつどいは、国立文楽劇場友の会の会員限定イベントです。
国立文楽劇場友の会の会員の方には、チケットの割引や会報の送付などの特典もございます。皆様のご入会をお待ちしております。
詳細はこちらからご覧ください。
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内