日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 第110回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

国立文楽劇場

トピックス

第110回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

11月9日(水)に国立文楽劇場友の会会員イベントとして、「第110回文楽のつどい」バックステージツアーを開催しました。ふだん立ち入る機会がない文楽劇場の舞台裏を、錦秋文楽公演の休演日に技芸員の案内で、見学していただきました。

最初に、楽屋入口から廊下を通って、人形の並ぶ舞台裏へ御案内しました。

舞台上に移動して、竹本小住太夫、鶴澤清志郎、桐竹紋臣ら技芸員から、文楽廻しや船底など文楽独自の舞台の構造についての解説を聞き、大道具(屋台)の内部のようすなどをご覧いただきました。

今回の錦秋文楽公演の「勧進帳」は、花道を使用する演出でしたので、花道を解説の場所にしました。三味線を実際に持ってみる貴重な体験をすることができた会員もいらっしゃいました。

舞台上での安全を確保するため、参加人数を制限せざるをえませんでしたが、今後もバックステージツアーを開催したいと思っております。次回の開催をご期待ください。

文楽のつどいは、国立文楽劇場友の会の会員限定イベントです。
国立文楽劇場友の会の会員の方には、チケットの割引や会報の送付などの特典もございます。皆様のご入会をお待ちしております。
詳細はこちらからご覧ください。
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内