日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【夏休み文楽特別公演】千穐楽&次回文楽公演のご案内

国立文楽劇場

トピックス

【夏休み文楽特別公演】千穐楽&次回文楽公演のご案内

8月3日(月)、夏休み文楽特別公演が、真夏の厳しい暑さの中、千穐楽を迎えました。7月18日(土)の初日以来、劇場へ足をお運びいただきました多くの皆様に、心より御礼申し上げます。

千穐楽の劇場正面
劇場正面の柱巻飾りと一緒に写真を撮るお客様も

「親子劇場」お見送り
連日大盛況だった第1部「親子劇場」のお見送り
萩の祐仙
17日間、笑い続けた(?)祐仙も満足の様子

国立文楽劇場での次回文楽公演は、10月31日(土)~11月23日(月・祝)の錦秋文楽公です。

第1部では『碁太平記白石噺』『桜鍔恨鮫鞘』という、聴きごたえ、観ごたえのある時代物、世話物の名作に、軽やかな景事『団子売』を上演します。

『碁太平記白石噺』では、「田植の段」を久々に上演し、宮城野・おのぶ姉妹の敵討にまつわる苦衷をよりドラマティックにお楽しみいただきます。また、夫婦の行き違う心が痛切に展開していく『桜鍔恨鮫鞘』に続き、『団子売』で明るく締めくくります。

第2部は『玉藻前曦袂』を、昭和49年・同57年以来の上演となる場面を含め、ダイナミックにストーリーが展開していく形でご覧いただきます。皇位をめぐる争いから引き起こされる悲劇と、天竺(インド)、唐(中国)を経て日本にやって来た、金毛九尾の妖狐の暗躍を描いた作品です。

芸術の秋はぜひ文楽劇場で!どうぞご期待ください!

錦秋文楽公演解説チラシ
 
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内