日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 今年の 豊竹桜(本経寺境内)

国立文楽劇場

トピックス

今年の豊竹桜(本経寺境内)


一昨年、豊竹座の創立者であり豊竹姓の元祖でもある、初代豊竹若太夫の二百五十回忌に合わせ、その墓がある本経寺で植樹された「豊竹桜」。今年も昨年に続いて可憐な花が咲きました。
本経寺周辺には高津宮などお花見で有名な場所もございます。劇場にお越しの際は一足のばしてみませんか。

☆本経寺の「豊竹桜」は、初代若太夫の没後六十年目に当たる文政7年(1824)に植えられた桜木でしたが、天保の末年に枯れ果て石碑を遺すのみとなっていました。
 そこで、人形浄瑠璃文楽座の豊竹嶋大夫をはじめとする豊竹姓有志により平成25年(2013)に新しい桜木が寄進され、復活したものです。

○本経寺(大阪市中央区中寺2-1-45)
 ☆地下鉄谷町線・千日前線「谷町9丁目駅」下車、徒歩約3分 


☆ 二代目吉田玉男の襲名披露が行われる4月文楽公演は、今週末の土曜日・4月4日に初日を迎えます。
 今年の春はぜひ国立文楽劇場へ!

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内