日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 【4月文楽公演】 春日大社での公演成功祈願・記者会見の様子を動画でご紹介

国立文楽劇場

トピックス

【4月文楽公演】 春日大社での公演成功祈願・記者会見の様子を動画でご紹介

4月文楽公演に先立ち、上演演目である『妹背山婦女庭訓』にゆかりの深い春日大社(奈良市)を、三味線弾きの鶴澤清治と人形遣いの吉田玉男が訪れ、公演成功祈願と記者会見を行いました。鶴澤清治は第1部「妹山背山の段」の妹山に出演、吉田玉男は同段ほかに登場する大判事清澄、第2部の猟師芝六を遣います。



春日大社と『妹背山婦女庭訓』
今年、春日大社は第60次式年造替の正遷宮を迎えます。式年造替とは20年に一度、本殿を始めとする社殿や調度品を新調、修理を行う儀式であり、奈良時代後期から途絶えることなく行われている大事業です。この節目の年に上演する『妹背山婦女庭訓』は、春日大社にまつわる場面や神様のお使いである鹿の伝説を題材としており、春日大社と大変ゆかりが深い演目といえるでしょう。

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内