日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 第105回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

国立文楽劇場

トピックス

第105回文楽のつどいを開催しました<国立文楽劇場友の会>

6月23日(火)、国立文楽劇場1階の文楽茶寮を会場にして、国立文楽劇場友の会会員限定イベント、第105回「文楽のつどい」を開催しました。
今回は若手文楽技芸員と友の会会員との交流を深める趣旨で、午後のひととき、茶話会の形式で、ケーキセットを味わいながらの開催となりました。

茶話会

豊竹咲甫大夫、鶴澤寛太郎、吉田幸助の3人の技芸員をゲストにむかえ、落語作家のくまざわあかね氏を聞き手に、演者の素顔に迫るトークが繰り広げられました。
6月下旬という、大阪と東京の文楽若手会にはさまれた時期、どんな稽古をしているか、という話題に始まり、新作文楽を大夫・三味線・人形の三業それぞれが作り上げていく過程、夏休み文楽特別公演で上演される「生写朝顔話」に対する思い、取り組みなどの話題で盛り上がりました。

若手から中堅への過渡期にあたって、今までの若手会の思い出、新作ならではの工夫のありかた、今回37年ぶりとなる「生写朝顔話」の「岡崎隠れ家」の話題、「最近はまっていること」で語られた三人三様の意外な趣味の世界などなど、時間が経つのを忘れる90分でした。最後に、サイン入りの手ぬぐいと色紙が当たる抽選会を実施。会場は大いに盛り上がりました。つどい終了後は、三人の技芸員がロビーでお見送りをしました。

お見送り

夏休み文楽特別公演は、7月18日(土)から8月3日(月)まで。チケット好評発売中です!

文楽のつどいは、国立文楽劇場友の会の会員限定イベントです。 国立文楽劇場友の会の会員の方には、チケットの割引や会報の送付などの特典もあります。
皆様のご入会をお待ちしております。

詳細はこちらからご覧ください

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立文楽劇場友の会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立文楽劇場 出版物のご案内