日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 7月定例公演 花筐・鏡男・木曽

schedule

7月定例公演 花筐・鏡男・木曽

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2018年7月18日(水)
    開演時間

    午後6時30分開演
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    《月間特集・能のふるさと・越路》
    仕舞 花筐(はながたみ) クルイ 梅若 紀彰(観世流)

    狂言 鏡男(かがみおとこ)  大藏 彌太郎(大蔵流)

    能  木曽(きそ) 願書(がんしょ)  観世 銕之丞(観世流)


     *字幕あり〈日本語・英語〉
    (2018/04/06)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=6月9日(土)午前10時より
    窓口販売=6月10日(日)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4900円
    脇正面=3200円(学生2200円)
    中正面=2700円(学生1900円)


    座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    鏡男越後・松の山の男は、都からの妻への土産に鏡を買って帰ります。鏡を知らない妻は鏡に映る自分の姿を見て…。
    木曽倶利伽羅峠の合戦前夜、木曽義仲は越中・埴生に陣を構え、腹心・覚明に命じ八幡宮に願書を奉納します。覚明による願書の読み上げが眼目の稀曲です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 入門展 能楽入門