日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 5月企画公演 ふろしき・綾鼓

schedule

5月企画公演 ふろしき・綾鼓

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2017年5月25日(木)
    開演時間

    午後6時30分開演(終演予定午後8時45分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    みどころ◎新作から古典―男心の内側へ―
    能・狂言には、戦後に作られ現在まで上演を重ねてきた作品があります。今回はその中から、恋をめぐる男たちの姿を描いた作品を取り上げます。
    演目・主な出演者

    ◎新作から古典―男心の内側へ―
    新作狂言  ふろしき  茂山 七五三 

    能  綾鼓(あやのつづみ)  香川 靖嗣(喜多流)


     
    出演者変更のお知らせ

    *字幕あり(日本語・英語)

    (2017/05/22)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=4月9日(日)午前10時より
    窓口販売=4月10(月)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=6300円
    脇正面=4800円(学生3400円)
    中正面=3200円(学生2200円)

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(64.92KB)
    ふろしき亭主の留守に若い男を家へと招き入れた女房。そこへ亭主が帰って来てしまい、近所の男に助けを求めますが…。同名の落語を基に平成8年に書かれた新作です。
    綾鼓高貴な女御に恋をした庭掃きの老人は、鼓を鳴らせば逢えると聞き試みます。しかしそれは綾絹を張った鳴らない鼓でした。老人は女御を恨み入水、怨霊となって現れます。喜多流では土岐善麿と15世宗家喜多実により昭和27(1952)年に作られました。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 特別展 備前池田家伝来「野﨑家能楽コレクション」