日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 2月普及公演 棒縛・花筐

schedule

2月普及公演 棒縛・花筐

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2018年2月10日(土)
    開演時間

    午後1時開演(終演予定午後3時30分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    みどころ

    《月間特集・近代絵画と能》
    近代の画家が能や古典文学に着想を得て描いた名作の数々。その絵画のイメージを逆に補助線として作品の魅力をお楽しみいただきます。

    演目・主な出演者

    《月間特集・近代絵画と能》
    解説・能楽あんない 能を描く人、描かれる能 小林 健二(国文学研究資料館副館長)  

    狂言 棒縛(ぼうしばり)  茂山 宗彦(大蔵流)

    能  花筐(はながたみ)
         筐之伝
    (かたみのでん) 武田 志房(観世流)

     *字幕あり(日本語・英語)


     *出演者変更のお知らせ


     (2018/2/09)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=1月9日(火)午前10時より
    窓口販売=1月10日(水)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4900円
    脇正面=3200円(学生2200円)
    中正面=2700円(学生1900円)


     座席図はこちら

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(79.39KB)
    棒縛酒好きの二人の家来。留守中に酒を飲まれぬよう、主人は二人の手を縄で縛って出かけますが…。
    花筐継体天皇より賜った花筐(花籠)を心のよすがに生きてきた照日の前は、想いがつのり、物狂いとなって越前から大和へと上がります。古代王朝を描いた世阿弥の作品です。(絵画作品=上村松園『花がたみ』)

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 入門展 能楽入門