日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 3月定例公演 花盗人・海人

schedule

3月定例公演 花盗人・海人

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2017年3月17日(金)
    開演時間

    午後6時30分開演(終演予定午後9時頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    演目・主な出演者

    国立劇場開場50周年記念

    狂言 花盗人(はなぬすびと)  野村 万作(和泉流)

    能  海人(あま) 懐中之舞(かいちゅうのまい)   大坪 喜美雄(宝生流)


     *字幕あり(日本語・英語)
    (2017/01/06)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=2月9日(木)午前10時より
    窓口販売=2月10(金)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    正 面=4900円
    脇正面=3200円(学生2200円)
    中正面=2700円(学生1900円)

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(54.71KB)
    花盗人桜の花を折った盗人を捕まえてみると、漢詩や和歌を口ずさむ教養のある人物でした。風雅なやりとりや酒宴の場が楽しい曲です。
    海人藤原不比等との間になした我が子のため、海人は自らの命をかけ面向不背の宝珠を奪還します。母親の情愛を織り込みつつ、竜宮から珠を盗みだす場面を演じる「玉之段」など、変化に富み、見どころの多い作品です。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 収蔵資料展 【後期】能面・能装束展