日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 3月特別企画公演 復興と文化 特別編 老女の祈り

schedule

3月特別企画公演 復興と文化 特別編 老女の祈り

  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2016年3月25日(金)~2016年3月26日(土)
    開演時間

    <25日> 午後6時30分開演(終演予定午後9時頃)
    <26日> 午後1時開演(終演予定午後3時30分頃)
    ※開場時間は、開演の1時間前の予定です。

    ジャンル能・狂言 
    みどころ

    現代能楽考 祈り 特設サイトはこちら すべての能楽の舞台が祈りとなり、みなさまのもとへ届きますように。


    国立能楽堂は、震災の翌年から「復興と文化」と題した企画公演を続けてきました。
    東日本大震災から5年目となる平成28年3月には、<復興と文化 特別編 老女の祈り>を
    上演します。東北は名取の地で祈り続けた、ひとりの老女の奇跡を描く、能「名取ノ老女」。
    明治以後上演が途絶えたこの曲を、現代に甦らせます。詳しくは特設サイトをご覧ください。

    ●特設サイトのインタビューが、公演プログラムに掲載されます。公演当日お買い求めいただけます。詳細はこちら

    演目・主な出演者

    《復興と文化 特別編 ―老女の祈り―》

    延年の舞  老女(ろうじょ)    毛越寺(岩手県西磐井郡平泉町)

    復曲能   名取ノ老女(なとりのろうじょ)  
       梅若 玄祥
    (25日) 
       宝生 和英
    (25日) 
       大槻 文藏
    (26日) 
       金剛 龍謹
    (26日)


    *字幕あり(日本語・英語)
    (2015/10/21)

    前売開始日

    電話・インターネット予約=2月9日(火)午前10時より
    窓口販売=2月10日(水)より

     ※窓口販売用に別枠でのお取り置きはございません。

    等級別料金

    <各日>
    正 面=6700円
    脇正面=5600円(学生3900円)
    中正面=4400円(学生3100円)

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
     0570-07-9900/03-3230-3000(一部IP電話等)

    インターネット購入
     パソコン    http://ticket.ntj.jac.go.jp/
     スマートフォン http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    名取ノ老女熊野三山の山伏が陸奥行脚の暇(いとま)乞いのため本宮に通夜したところ、名取の里に住む老巫女(ろうみこ)に神託を届けよとの霊夢を蒙ります。老女はかつて熊野に年詣でしていましたが、今は年老いて詣でることができず、名取の地に熊野三山を勧請(かんじょう)して祈りを捧げている者でした。山伏は名取の里で老女に対面を果たし、霊夢で授けられた虫食いのある梛(なぎ)の葉を渡します。そこには熊野の神詠(しんえい)「道遠し年もやうやう老いにけり思ひおこせよ我も忘れじ」とあり、あまりの有難さに老女は随喜の涙を流します。老女は勧請した熊野三山に山伏を案内し、「熊野の本地」を物語ります。そして法楽の舞を始めると、熊野権現の使役神・護法善神が颯爽と現れて、老女を祝福、国土安穏を約束して去って行くのでした。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 「収蔵資料展」