日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場大劇場  >  3月歌舞伎公演「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)-髪結新三-」「三人形(みつにんぎょう)」

schedule

3月歌舞伎公演「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)-髪結新三-」「三人形(みつにんぎょう)」

  • 大劇場
  • 主催公演

    ※内容・日程に一部変更の場合もございます。予めご了承下さい。

    公演期間2015年3月4日(水)~2015年3月27日(金)
    開演時間

    12時開演(3時50分終演予定)
    12日(木)・20 日(金)は4時30分開演(8時20分終演予定)
    10日(火)・11日(水)は休演日



    ジャンル歌舞伎 
    演目・主な出演者河竹黙阿弥=作
     梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう) 三幕六場
                     - 髪結新三 - 
                           国立劇場美術係=美術      

    序 幕 白子屋見世先の場
         永代橋川端の場

    二幕目 冨吉町新三内の場
          家主長兵衛内の場
          元の新三内の場

    大 詰 深川閻魔堂橋の場   



     三 人 形(みつにんぎょう) 常磐津連中  
     国立劇場美術係=美術    

                              
    (出演)
     中 村 橋之助

     中 村 錦之助

     市 川 門之助

     中 村 松  江

     中 村 児太郎

     中 村 国  生

     坂 東 秀  調

     市 村 萬次郎

     市 川 團  蔵 
     
           ほか


    3月歌舞伎公演の特設サイトをオープンしました!
    公演に関するイベントなどの新着情報をお届けします。お見逃しなく!


    前売開始日

    電話予約・インターネット予約開始=2月6日(金)10時~
    ※この公演は、インターネット予約の際、座席選択をご利用いただけます。

    窓口販売開始=2月7日(土)

    等級別料金

    1等A席   9,500円(学生6,700円)
    1等B席   6,300円(学生4,400円)
    2等A席   4,600円(学生3,200円)
    2等B席   2,600円(学生1,800円)
    3等席    1,500円(学生1,100円)
    *3等席に限り、予約開始初日は、お一人様1ステージ2枚までのご購入に限らせていただきます。
    *障害者の方は2割引きです


     

    お問い合わせ
    (チケット購入等)

    国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
    0570(07)9900
    03(3230)3000[一部IP電話等]


    インターネット購入
    パソコンから     http://ticket.ntj.jac.go.jp/
    スマートフォンから http://ticket.ntj.jac.go.jp/m

    タイムテーブルタイムテーブルのご案内(86.39KB)
    あらすじ・みどころ『梅雨小袖昔八丈―髪結新三―』 
     明治六年(一八七三)六月東京中村座初演で、河竹黙阿弥が五代 目尾上菊五郎のために書き下ろした世話物の代表作です。
     材木問屋白子屋の娘・お熊と手代の忠七は恋仲。そのお熊に婿を迎える話が持ち上がります。これを知った廻り(出張専門)の髪結い の新三は、忠七にお熊と駆け落ちをするよう言葉巧みに唆(そそのか)します。 その夜、新三は、お熊を駕籠で自分の長屋へ送ると、連れ出した忠七 を傘で打ち据えて、夜道に置き去りにします。新三の罠にはまり、 主人の娘を拐(かどわ)かされたと知った忠七は、身投げをしようとしますが、 俠客の弥太五郎源七に引き留められます。翌日、源七は白子屋から金を預かり、お熊を返すよう新三に掛け合いますが、新三は談判をはねつけます。しかし、大家の長兵衛にはうまく丸め込まれ、ついにお熊を戻します。新三に面目を潰された源七は、後日新三を待ち受け、二人は果し合いに及びます。
     主人公・新三のいなせな風情と悪党ぶりが生き生きと描かれます。「白子屋」で忠七の髪を撫で付ける手さばき、「永代橋」で悪の本性を顕す傘づくしの啖呵(たんか)、「新三内」で初鰹に大金を出す気風(きっぷ)の良さ、名うての親分をやりこめながら、老獪な大家にしてやられる面白さなど、みどころの連続です。忠七、長兵衛、源七など主要な役を演じてきた橋之助が、満を持して新三に挑むほか、充実した配役でお送りします。

    『三人形』
     初演は文政元年(一八一八)四月江戸中村座で、三段返しの変化 舞踊『其姿花図絵(そのすがたはなのうつしえ)』の上の巻として上演されました。夜桜に彩られ た吉原仲之町を背景に、人形に見立てた三人-若衆(わかしゅ)・傾城(けいせい)・奴(やっこ)が、廓の風俗を華やかに面白く踊って表現します。錦之助の若衆を始め、児太郎の傾城、国生の奴が極彩色の美しい扮装で登場するのも、楽しみです。古風で大らかな味わいの歌舞伎舞踊をご堪能ください。

    ※旧字等は、一部別の表記に置きかえて表示する場合があります。

      公演検索

      インターネット予約

      • 企画展示「歌舞伎・文楽入門展―舞台のうら・おもて―」