日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 事業内容

芸術文化振興基金

事業内容

独立行政法人日本芸術文化振興会では、芸術文化振興基金の運用益による助成事業と、国からの補助金(文化芸術振興費補助金)を財源とする助成事業を行っています。

事業内容 図解

助成の対象となる活動

各事業において助成の対象となる活動は以下のとおりです。

  1. 1 芸術文化振興基金による助成事業
    1. (1)芸術家及び芸術団体が行う芸術の創造・普及活動
      1. ① オーケストラ、オペラ、室内楽、合唱、バレエ、現代舞踊、演劇等舞台芸術の公演活動
      2. ② 文楽、歌舞伎、能楽、邦楽、邦舞等伝統芸能の公開活動
      3. ③ 落語、講談、浪曲、漫才、奇術等大衆芸能の公演活動
      4. ④ 美術の展示活動
      5. ⑤ 国内映画祭等の活動
      6. ⑥ 特定の芸術分野にしばられない公演・展示活動
    2. (2)地域の文化振興を目的として行う活動
      1. ① 文化会館、美術館等の地域の文化施設において行う公演、展示その他の活動
      2. ② 歴史的集落・町並み、文化的景観のセミナー、資料収集・作成、普及啓発による保存・活用活動
      3. ③ 民俗文化財の公開、広域的な交流、復活・復元による伝承、記録作成による保存活用等の活動
    3. (3)文化に関する団体が行う文化の振興、普及活動
      1. ① アマチュア等の文化団体が行う公演、展示その他の文化活動
      2. ② 伝統工芸技術、文化財保存技術の保存伝承、公開活用、記録作成による保存活用活動、衰退した伝統工芸技術の復元活動
  2. 2 文化芸術振興費補助金による助成事業
    1. (1)舞台芸術創造活動活性化事業

      我が国の芸術団体の水準向上及びより多くの国民に対する鑑賞機会の提供を図る優れた舞台芸術の創造活動(音楽、舞踊、演劇、伝統芸能・大衆芸能)

    2. (2)映画製作への支援

      優れた日本映画の製作活動(劇映画、記録映画、アニメーション映画)

ページトップへ

助成の対象者

助成の対象者は、芸術文化に係る活動を自ら行う団体です(一部、芸術家個人が対象となる事業もあります)。

ページトップへ

助成対象活動の募集

助成対象活動の募集は、毎年度1回、公募により行います(国内映画祭等の活動、映画製作への支援については、毎年度2回募集しています)。具体的な募集の時期・方法、助成の対象となる活動等については、毎年度作成する募集案内で示しています。 助成金の交付を希望する団体は、募集案内の定めるところにより、助成金交付要望書及び団体概要等を独立行政法人日本芸術文化振興会に提出いただきます。なお、地域の文化振興を目的として行う活動及び文化に関する団体が行う文化の振興、普及活動については、都道府県又は指定都市を通じて提出することとなります。

ページトップへ

審査の仕組み

  1. (1) 審査方法

    独立行政法人日本芸術文化振興会では、助成金の交付を適正に行うため、芸術文化に関して広くかつ高い識見を有する15名以内の委員で構成する芸術文化振興基金運営委員会を設置し、分野別の4つの部会及び13の専門委員会を置き、各分野の実情及び特性に応じた審査を行っています。

    審査方法 図解

    応募のあった活動については、振興会理事長から運営委員会へ助成対象活動の採択について諮問を行います。これを受けて運営委員会から部会へ、さらに専門委員会へと順次調査審議の付託が行われます。
     専門委員会の審査は、付託された助成金交付要望書について、専門委員による書面審査及びその結果に基づく合議審査により行われ、助成対象活動の選定が行われます。
     専門委員会での審査結果をもとに、各部会では採択すべき助成対象活動及び助成金額について審議が行われ、この結果が運営委員会に報告されます。
     これを受けて運営委員会では慎重な審議が行われ、当該年度の助成対象活動と助成金の額が決定され、振興会理事長に答申されます。

  2. (2) 運営委員会組織

    芸術文化振興基金運営委員会は、分野別の4つの部会、13の専門委員会で構成されています。

    運営委員会組織 図解

ページトップへ

助成金交付の手続き

運営委員会からの答申を受けて、振興会理事長が助成対象活動及び助成金の額を決定します。 採択された助成対象活動については、「芸術文化振興基金助成金交付要綱」及び「文化芸術振興費補助金による助成金交付要綱」に定める所定の手続きを経て、助成金が交付されます。

ページトップへ

関係規定

ページトップへ