歌舞伎公演ニュース

2018年6月4日

【6月歌舞伎鑑賞教室】鈴木大地スポーツ庁長官が
『連獅子』を観劇されました

 6月4日、スポーツ庁の鈴木大地長官が6月歌舞伎鑑賞教室『連獅子』を観劇されました。終演後には、親獅子の精を勤める中村又五郎と、仔獅子の精を勤める中村歌昇と対面され、舞台上で記念撮影をおこないました。
 ラグビーワールドカップ2019日本大会公式マスコット「レンジー(Ren-G)」は「獅子」がモチーフになっており、その名前は、6月歌舞伎鑑賞教室で上演中の『連獅子』をイメージしてつけられたものです。


(左より)中村歌昇、鈴木大地スポーツ庁長官、中村又五郎

◆◆◆

 「レンジ―」が公式マスコットを勤めるラグビーワールドカップ2019日本大会は、2019年9月20日(金)~11月2日(土)に開催が予定されています。アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップで歌舞伎の『連獅子』をイメージした公式マスコットが活躍することは、日本の文化がさらに世界に広がっていくことにもつながるでしょう。
 「品位、情熱、結束、規律、尊重」というラグビーにとって最も大切な5つの価値を体現する「レンジー」の由来となった歌舞伎の『連獅子』、どうぞお見逃しなく!


ラグビーワールドカップ2019日本大会公式マスコット
「レンジー」

◆◆◆

6月歌舞伎鑑賞教室は24日(日)まで
社会人のための歌舞伎鑑賞教室は8日(金)午後6時30分開演
Discover KABUKI ―外国人のための歌舞伎鑑賞教室―は
15日(金)午後2時30分・午後6時30分開演

 
チケット好評販売中
国立劇場チケットセンターはこちら

公演詳細は↓↓↓