歌舞伎公演ニュース

2018年3月2日

【3月歌舞伎】待望の親子共演!
尾上菊之助と長男・寺嶋和史が初日に向けて
意気込みを語りました!

 明日初日を迎える3月歌舞伎公演『増補忠臣蔵』『梅雨小袖昔八丈』。五代目尾上菊五郎の初演以来、尾上菊五郎家―音羽屋―に所縁の深い『梅雨小袖昔八丈 ―髪結新三―』で主人公・髪結新三を初役で勤める尾上菊之助と、「白子屋見世先」に紙屋丁稚長松として登場する菊之助の長男・寺嶋和史が、初日に先立ち親子揃って意気込みを語りました。


(左より)寺嶋和史、尾上菊之助


菊之助「父(菊五郎)の新三を傍らで見て、いつかは新三を勤めたいという思いが強くありました。悪党だけれど、最高にかっこいい粋な男に見えるよう、父に指導していただいています。今回、息子の和史も出演いたします。新三は五代目(菊五郎)から数えて六代目、父、私と四代にわたりますが、和史がこの舞台に出ることで、この先も芸が続いていけばと思います。」

 取材の後半には、菊之助の長男・寺嶋和史も登場。初お目見得以来、2年ぶりの舞台で、台詞のある役には初挑戦です。お稽古は「楽しい」と、大勢の取材陣を前に、舞台での台詞も披露しました。最後は「がんばります!」と大きな声で応えました。
 待望の親子共演にもご期待ください!


序幕 白子屋見世先の場
(左より)寺嶋和史の紙屋丁稚長松、尾上菊之助の髪結新三


3月歌舞伎公演は、3日(土)から27日(火)まで
12時開演
但し、16日(金)・23日(金)は
午前11時30分開演、午後4時30分開演の2回公演です。
(10日(土)・11日(日)は休演)

チケット好評販売中です。
国立劇場チケットセンターはこちら ≫